1カラムでサイトを作るときに注意したい4つのポイント

    1カラムのレビューサイトは、2・3カラムのサイドバーが
    ないので、メインカラムのコンテンツに集中して読んで
    もらうことができるという大きなメリットがあります。

    これまで多くの1カラムサイトを作ってきましたが
    作る際に注意している3つのポイントを説明しましょう。

    1カラムでサイトを作るときに注意したい4つのポイント

    まずはこちらのサンプルサイトをご覧ください。
    海を愛する男の必需品:SUUNTO D6i ALL BLACKの魅力

    7-01

    このサンプルサイトはAXISというテンプレートを使って
    作りましたがこのサイトを元に、説明していきます。

    サイトの幅は適切か?

    AXISの場合、1・2・3カラムともサイト幅は960pxです。
    そのままでも問題はありませんが、ここ最近の傾向で
    1000~1200pxくらい大きめにしているサイトが多くあります。

    7-02

    サンプルサイトは1100pxで作っていますが、大き目の画像で
    インパクトを与えたいときは、大き目の幅にすることをおススメします。

    サイト幅の変更方法は購入特典「AXIS秒速カスタマイズマニュアル」で追加していきます。)

    コンテンツの両サイドの余白は適切か?

    テンプレートによって違いはありますが、多くのテンプレートが
    コンテンツ部分両サイドの余白が狭いんですよね。

    7-03

    人それぞれ好みがあると思いますが、ある程度大きめに
    余白を設定すると、スッキリとしたイメージになります。
    サンプルでは余白110pxで設定してみました。

    7-04

    余白幅の変更方法は購入特典「AXIS秒速カスタマイズマニュアル」で追加していきます。)

    見出し3・4・5・6は読みやすいか?

    見出しはサブヘッドコピーとも呼ばれています。

    サイト訪問者は、最初からコンテンツの1行1行をじっくり
    読みはじめるということは、まずありえません。

    最初にヘッダーを見て、見出しをたどりながら流し読みを
    するのが通常と言われています。

    ですから
    見出し文字は、ある程度文字サイズを大きくして読みやすくする必要があります。

    7-05q-11

    7-06
    見出し文字サイズ更方法は購入特典「AXIS秒速カスタマイズマニュアル」で説明してます。)

    背景画像はサイトにマッチしているか?

    AXISの背景はデフォルトで薄いグレーですが、背景画像を
    入れ替えるだけで、サイトイメージは一新します。

    サンプルサイトでは大き目の背景画像を使っていますが
    AXISは簡単に設置することが可能です。

    7-07

    大き目の背景画像が不足している方は、こちらを参考にしてください。
    参考記事:商用利用OK!大きいサイズのフリー写真素材提供サイトを3つ紹介!

    スタイリッシュな背景素材厳選50個

    そして今回、AXISをさらに有効に使っていただくために
    購入特典に「スタイリッシュな背景素材厳選50個!」を追加しました。

    t-01t-02

     背景画像を変えた例

    明るい色調・ダークな色調などスタイリッシュな
    背景素材を50個準備しました。

    他のAXISユーザーと差別化する意味でも、
    背景素材は役に立つと思います。

    CMS型サイト作成ツール「AXIS」のご購入はこちら

    CMS型サイト作成ツール「AXIS」を当ブログからご購入の方に
    豪華特典を準備しております。CMS型サイト作成ツール「AXIS」を
    あなたのビジネスの武器の一つに加えることをおススメします。

    a04yaji-010

      コメントを残す

      ■アフィリエイトでガッツリ稼ぐためのお役立ち情報まとめ

      Facebook Like Box 「いいね」応援感謝です