アフィリエイト用バナーを短時間で作るために必要な3つのポイント

    よくアフィリエイトで使うバナー作成に時間を
    とられてしまい、結局記事を投稿できなくなった
    という話を耳にします。

    グラフィックデザイナーなどデザイン専門の人は
    バナー作成に時間をかけるのは当然ですが

    アフィリエイターは良いコンテンツを作成する
    ことにパワーを注ぎ、バナー作成は短時間で
    作る必要があります。

    とは言っても、慣れないうちは1個のバナーを
    作るのに時間がかかってしまいますよね。

    私も最初はバナー作成に時間ばかりかかってしまい
    1個の記事を完成させるのに3日もかかっていた
    はずかしい過去があります。

    そこで、私の経験を元にアフィリエイト用バナーを
    短時間で作るために注意すべき点をお話しします。

    最初にバナーについて簡単に説明します。
    バナーは大きく3つのパーツで構成されます。

    バナーは大きく3つのパーツで構成されます

    背景(background)

    画像イラスト

    文字(キャッチコピー

    この3つのパーツをうまく組み合わせて
    レイアウトすることでバナーが出来上がります。

    それではバナーを短時間で作るポイントを3つに
    まとめましたので説明しましょう。

     :デザインの基礎を身に付ける

    デザインの基礎といってもそんなに難しい内容ではありません。
    大きく「色」と「フォント」の基礎を学べば基本的にOKです。

    まず「色」について。

    、私たちが目にする色は「色相・明度・彩度」
    という3つの要素で成り立っています。

    3-02

    この3つの要素の扱いで、全体のイメージが大きく変化します。
    色の基本的な仕組み、それぞれの色が持つ効果、役割をまず
    理解することがとても大切です。

    次に「フォント:書体」について。

    文字にはいろいろな種類があり、和文、欧文ともに伝えたい情報の
    内容やコンセプトによって選択する文字の種類(フォント)が
    変わってきます。

    3-01

    それぞれの文字の個性を把握して使うことにより
    読者に情報の意図をわかりやすく伝えることができるのです。

    文字は視覚と聴覚を刺激することができるメリットがあるので
    使い方次第で、サイトの出来と成約率を大きく左右する
    ことになります。

    デザインの基礎を後回しにして作業を進めてしまうと
    あとでデザインを理解した時に、前に書いた記事(バナーなど)
    を直したくなることでしょう。

    ですからアフィリエイトを始めたら、早い段階で
    身に付けてしまうことを強くおススメします。

    デザインの基礎知識については、私の商材「LUREA」の
    デザインメゾットにまとめていますでの参考にしてください。
     3Mブログサイトアフィリエイト「LUREA」を詳しく見る

     :最初はよいバナーをまねて作ってみる

    “学ぶ”の語源は“なまぶ”です。

    こんなバナーが作りたいと思ったら、色の使い方、
    どのフォントを使っているか、まねて作ってみることを
    おススメします。

    3-06

    ネット上のサイトに限らず、普段目にしている
    雑誌の中にも、魅力的なバナーを作るヒントが
    たくさんあります。

    よいデザインをまねてバナーを作る作業によって
    ポイント1でお話ししたデザインの基礎を納得しながら
    より深く身に付けることにつながります。

    私はいろいろな雑誌を見ていて、気に入ったデザイン
    があれば、切り抜いてスケッチブックに貼り付けています。

     :バナーに使える画像・イラスト素材を先にそろえる

    バナーを作りながらネットで無料の画像イラスト素材を探して
    しまうと、よけいな時間がかかってしまいます。

    画像イラスト素材は無料で提供しているサイトもありますし
    有料のものもたくさんあります。

    2013y12m08d_201252852

    バナーに使える画像、イラスト素材は一度まとめて
    そろえてしまうことをおススメします。

    私の場合は月に1度、画像イラスト素材集めの時間を作っています。

    素材はカテゴリー別にフォルダー管理しているので
    なんとなくどこにどの素材がどこに入っているか覚えているので
    バナーを作っていてサクッと使うことができます。

    2013y12m08d_201510227

    無料で手に入る素材がある程度そろったら、有料で提供している
    画像イラスト素材も購入して使うのもよいでしょう。

    やはり無料素材は「無料」なだけに多くの方が
    ダウンロードしてネット上で使っています。

    これは仕方ないことなんですが、もしあなたが
    デザインで差別化をしたいのであれば、あまり使われてない
    有料の画像イラスト素材を積極的に使うことをススメます。

    私が普段、画像イラスト素材を購入しているサイトを
    こちらの記事で紹介しています。参考にしてください。
     アフィリエイトサイトに使える画像・イラストでサクッと差をつける

    まとめ

    この3つのポイントをしっかり実践することによって
    バナー作成の時間は劇的に短縮されます。

    バナーの良い例、悪い例を作ってみたので
    2つの画像を見ながら説明しましょう。

    悪い例

    3-03

    文字(キャッチコピー)を目立たせようとしすぎて
    失敗している例です。フォントはHGS創英角ポップ体。

    初心者によくありがちなのが「白文字での縁取り」です。
    「白文字での縁取り」は画像上で文字を浮きだたせる
    一番楽チンなテクニックですが、私は最終手段としてしか
    使わないようにしています。

    文字の色彩も背景画像に合っていませんし、サイズも
    画像の良さをじゃましていてバランスも取れていません。

    良い例

    3-04

    背景の画像を選んだらそれを生かして配置することが
    大事です。この場合背景の色は「茶・白・黒」の3色。

    そこにマッチする色を文字色で選びます。
    高級感(高額商品を紹介する)ある場合のバナーは
    伝える情報を少なくしたほうがシックに収まります。

    デザインの基本に忠実に従っていれば、たとえ背景を主役にして
    文字を小さくしても、読者は必ず注目して読んでくれます。

    ヘッダーバナー、商品紹介バナーもサイト全体の一部
    ですし、きれいでスタイリッシュなほうが好感がもてます。

    「3秒ルール」という言葉があります。

    続きを読んでもらえるか、他のサイトに行ってしまうか、
    バナーをキリックしてもらえるか、スルーされてしまうか・・。

    それらを左右するのは、“デザイン”です。

    コンテンツの質・量も当然大事ですが、読んでくれるかどうかの
    土俵に立てるかどうかは、“デザイン”が重要な要素のひとつで
    あることはまちがいありません。

    もしあなたが
    「デザインにまったく自信がありません!」
    「最速でデザインを身に付けたいです!」
    「きれいでスタイリッシュなバナーを作りたい!」

    とお考えでしたら、こちらのソフトを使うことをおススメします。
    “3つのポイント”をしっかりカバーしてくれることがわかりますよ。

    yaji-010

    PS

    バナープラスは当然のことながら多くのアフィリエイターが
    使っていますし、私も使わせていただいています。

    画像・イラスト素材の充実度もさることながら、
    プロのデザイナーが実際にバナープラスを使って作った
    「プロジェクトファイル」は、まさしく“ポイント2”
    を実践できる絶好の材料です。

    今年未来派一押しのデザインソフトです。

    あなたのブログデザインをバナープラスを使って
    ガラッとイメージチェンジして新たなる2014年を
    迎えませんか。
     未来派が惚れたバナープラスの詳細はこちら

     この記事はあなたのお役に立てましたでしょうか?

    もしこの記事があなたのお役に立てましたら、応援クリックお願い致します。
    あなたの温かいクリックを、次回記事作成の励みとさせていただきます。
    ご協力誠にありがとうございます。<(_ _)>


       

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      最新情報をお届けします

      Twitter で未来派野郎hiroをフォローしよう!

      コメントを残す

      ■アフィリエイトでガッツリ稼ぐためのお役立ち情報まとめ

      Facebook Like Box 「いいね」応援感謝です