ドメインを取得するなら断然「お名前.com」をおススメします

この記事は約 3 分で読むことができます。

    ドメインとはホームページアドレスに使われる「○○○.com」、「○○○.net」のことで、インターネット上の住所を示します。ドメインを取得できるサービスはいくつかありますが、「お名前.com」が使いやすさとコストパフォーマンスでは一番だと思います。

    ドメイン取るなら お名前.com – ドメイン取得 年間180円~

    c-000

    ドメイン取得比較表を作ってみました

    ドメイン取得比較表を作ってみました。

    項目お名前.comムームードメインバリュードメイン
    com
    600円
    950円
    680円
    info
    280円
    950円
    380円
    net
    560円
    950円
    600円
    org
    920円
    950円
    830円
    jp
    1250円
    1250円
    2990円
    ドメイン取得
    ドメイン引越し
    ドメイン更新
    総合評価

     

    一番ポピュラーなドメイン「.com」でもお名前.comが一番安いですね。
    また機能面(使いやすさ)でもお名前.comが一歩リードしています。
    いくつかの優れている機能について説明しましょう。

     

     

    ドメイン自動更新設定機能があるから安心です!

    c-101

     

    特に注目してほしいのは「ドメインの契約延長:更新」です。
    私も経験があるのですが、うっかり更新忘れてしまい、ドメインを
    失効してしまったことがあります。

     

     

    お名前.comは「自動更新設定」で文字通り自動的に更新することができます。
    あらかじめ設定することで、ドメイン登録期日ごとの手続きをしなくても、
    自動的に更新することが可能なので、安心して運営することができます。

     

     

    また更新期日前に複数回の更新ご案内メールを送信してくれますので、
    うっかり更新忘れるリスクを回避してくれます。

     

     

    ドメイン移管で更新料も安くすることができます!

    c-100

     

    ドメイン移管とは、ドメインの登録・管理を行うレジストラを変更する手続きのことをいいます。
    お名前.comでは他で取得したドメインを簡単に移管することができます。

     

     
    ドメインの管理をお名前.comに変更することにより、契約更新やドメインの情報や設定変更などを一元で管理できます。また移管することによってドメイン更新料を安くすることができます。

     

     

    ドメイン取得の作業が超簡単です!

    ドメイン取得は簡単にできます。
    取得したいドメイン名を記入して「検索」をクリックします。
     お名前.comトップページ

    c-001

     

    取得できるドメイン一覧が表示されます。欲しいドメインにチェックを入れます。

    c-002

     

    選択されたドメインを確認し「登録画面に進む」をクリックします。

    c-003

     

    お申込みドメイン画面が開きます。お名前IDは事前に登録しておくと便利です。
    「次へ進む」をクリックしましょう。

    c-004

     

    ドメインの登録年数を選択できます。選択後「確認画面に進む」で決算しましょう。

    c-005

    ネームサーバーの変更も複数まとめてできるのでとても使いやすいです。
    またお名前.comのレンタルサーバーでドメインを使うと、ネームサーバーは
    自動的に設定することができます。

     

     

    ネットビジネスを進めていく上で、ドメインは必ず必要になります。
    これからドメイン取得を考えている方、またドメインを複数の場所で
    取得している方は、「お名前.com」に統一することをおススメします。

     

     お名前.comドメイン取得トップページはこちら

     お名前.comレンタルサーバー詳細はこちら

      コメントを残す

      ■アフィリエイトでガッツリ稼ぐためのお役立ち情報まとめ

      Facebook Like Box 「いいね」応援感謝です

      ■ ZenBack:この記事の反応が見える

      zenback画像