ニワトリが先か、卵が先か

    「ニワトリが先か、卵が先か」。ニワトリがいなければ卵は存在しないし、

    卵がなければニワトリは生まれません。

    これって、ネットビジネスの世界でも同様の事象があるんです。それは・・

     

     

    「ノウハウが先か、サイト作成が先か」

     

     

    あなたもネットビジネスに興味を持ったきっかけがあったはずです。

    たまたま本屋でみた書籍であったり、ネットサーフィンをしていて

    あるコンテンツで興味を抱いたり。

     

     

    そしてネットビジネスに関する本を買って勉強したり、

    関連サイトを探しまくっていろいろな情報を入手したはずです。

     

     

    ここまで来た人は大きく2つに分かれます。

    ひとつのパターンはは、さらにノウハウをかき集め、完璧になってから

    ネット上で行動を起こそうとする人。

    いわゆるノウハウコレクターさんと呼ばれる人です。

     

     

    もうひとつのパターンは、まずネット上にアクションを起こし

    ブログ(またはサイト)を構築しながらノウハウを盛り込んでいく人。

     

     

    あなたはどちらのパターンに属しますか?

     

     

    ここでひとつ言えるのは、どんなにノウハウを自分の

    頭の中に詰め込んでも(インプット)、そのノウハウを

    ネット上で行動に移さないと(アウトプット)収入には

    ならないということ。

     

     

    インターネットの技術もネットビジネスのノウハウも

    すごい速度で日々進化しています。

    ですから必要最低限のノウハウを身につけて、平行で

    アウトプット作業をこなす必要があるのです。

     

     

     

    もうひとつ、同様の事象がアフィリの世界であります。

    「アフィリ実績が先か、実績なしで即アフィリか」

     

     

    この事象は、情報商材アフィリエイトの世界でよく見られます。

    情報商材アフィリエイトで稼ぐ為には、まず実績が必要なので

    他のジャンル(物販、せどり、オークション)で稼いでから

    情報商材アフィリに取り組もうという考え方のパターン。

     

     

    もうひとつのパターンは、実績のない状態でアフィリエイトを

    開始し、行動を起こしながら同時に実績を積み上げるパターン。

     

     

    確かに情報商材アフィリエイトの場合は物販アフィリエイトと違い、

    アフィリエイターのブランディング(実績、人格等)が成約を

    大きく左右させる要因ではあります。

     

     

    最初からブランディングが確立されたアフィリエイターなんて

    この世の中に存在しません。ひとつひとつ試行錯誤を繰り返し

    その行為が実績につながっていったのです。

     

     

    今日のまとめ


    「ノウハウが先か、サイト作成が先か」

    必要最低限のノウハウを身につけ、まずはネット上にアウトプットしよう。

     

     

    「アフィリ実績が先か、実績なしで即アフィリか」

    最初から実績がある人間はいない。アクションを起こしながら実績を積もう!

     

     


    ふたつのお知らせ


    3月16日(金)18:00 優良なノウハウが公開されます。

    初心者にわかりやすいノウハウですからアウトプットも簡単ですよ。

    詳細はコチラ

     

     

     

    3月15日(木)で好評のサービスが終了します。

    ネット上でアクションを起こすのなら最初からきれいなサイトを

    運営することが信頼度をUPさせます。

    詳細はコチラ

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

    当ブログは「ALPHA WordPress Theme」を使っています

    当ブログは未来派野郎hiroと吉田デザイン:吉田元一氏との共同販売のワードプレステンプレート「ALPHA WordPress Theme」を使っています。初心者からプロまで、思い通りのサイトを直感的に構築できます。

    「ALPHA WordPress Theme」の詳細はこちら

    コメントを残す

    ■アフィリエイトでガッツリ稼ぐためのお役立ち情報まとめ

    Facebook Like Box 「いいね」応援感謝です