神田昌典氏と本田健氏の共通点から学ぶこと

    神田昌典氏と本田腱氏と言ったら、知らない方もいると思いますが、
    大抵の書店ではコーナーも設置されている有名なふたりです。

    111

    お二人の本は、ほとんど読むようにしています。
    この2冊の本にとても重要な共通点を見つけました。

    それぞれの私の印象は神田さんは、歯に衣を着せぬ
    切り口で、ズバズバ書いている感じ。

    そして、そのズバズバが、まさしくズバズバで読んでいる側も
    ハラハラする半面、「うんうん・・」とうなずきながら
    読み進めてしまいます。

    一方の本田さん。
    大好きです。(笑) 言葉がとてもやわらかく、ピュアな
    印象を受けます。3Mメンバーで言えば、マメボーwさん
    みたいな、とにかく真っすぐな思いを感じるんですよね。

    ここ最近、本田健さんの著書
    「幸せな経済自由人の60の習慣」という本を読みました。
    5章に分かれている中で60個のためになる習慣について
    書かれているので、とても読みやすい本です。

    特に「ピピピっ」ときたページを箇条書きにしますね。

    ●P57:嫌いなリストを書き出す

    ●P70:自分の好きなもので周りを満たせ

    ●P72:言い訳をしない

    ●P78:先延ばしにしない

    ●P88:リスクとギャンブルの違い

    ●P119:日常生活のマニュアル化

    ●P122:テレビを見ず毎日本を読む人が成功する

    ●P128:海外セミリタイヤを考えてみる

    ●P138:幸せなメンターに弟子入りするのが成功の一歩

    ●P144:人生は“誰と出会うか”で決まる

    ●P150:今までの価値観を180°変えてくれる友人を持つ

    ●P170:定期的に人生の棚卸をする

    ●P173:今の自分をリストラできる人が成功する

    ※リストラ=「リストラクチュリング事業再構築」

    「幸せな経済自由人の60の習慣」はとても読みやすく
    1日あれば、さらり~と読み切れます。

    特に

    ●P72:言い訳をしない
    ●P122:テレビを見ず毎日本を読む人が成功する

     

    あなたが読んだら、本田健さんが目の前にいなくても
    頭が下がってしまいますよ。(笑)

    そして、私がお伝えしたいことは、この印象が正反対の
    ふたりの本にある共通点があったこと。

    他の著者があまりこのことに関して書いていないことを
    二人が書いていたんですよね。

    それはコレ。

    「嫌いなことを書き出す」

    やりたいこと、大好きなこと、夢を書き出すというのは
    多くの本で書かれていますが、嫌いなこと、やりたくないこと
    を書き出せという本は少ないと思います。

    単に嫌いなことを書き出せということではありません。

    やりたいことを明確に書き出した後、その中に
    やりたくないことが含まれている事が往々にしてある。

    ですから、やりたいことを書きあげた後、その中に
    やりたくないことが潜んでいないかチェックする
    必要があると書いてあります。

    神田さんの著書「非常識な成功法則」では
    P44にこう書いてます。

    やりたいことを明確化するために「やりたくないこと」を
    明確にしなければならないんだ。

    そして、この本、実に親切で書き込みができるんですよね。
    私はこの本をすでに3回読んでいますが、何度も追加で
    書き込みをしています。^^

    222

    神田昌典氏と本田腱氏。
    一見、相反するふたりですが、どうやら共通して言っている

    「やりたくないことの明確化」は重要みたいですね。

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

    当ブログは「ALPHA WordPress Theme」を使っています

    当ブログは未来派野郎hiroと吉田デザイン:吉田元一氏との共同販売のワードプレステンプレート「ALPHA WordPress Theme」を使っています。初心者からプロまで、思い通りのサイトを直感的に構築できます。

    「ALPHA WordPress Theme」の詳細はこちら

    コメントを残す

    ■アフィリエイトでガッツリ稼ぐためのお役立ち情報まとめ

    Facebook Like Box 「いいね」応援感謝です