これが無料?OpenOffice writerでPDFファイルを作ってみよう!

    ネットビジネスをする上で、取扱説明書やマニュアル文書を配布するときにPDFファイルに変換するのが常識になっていますね。今回は、無料の文書作成ソフトとPDF変換ソフトをご紹介します。

    business01_800x155_grn

    文書作成ソフトで有名なのがMicrosoft OfficeのWordです。最近のパソコンであれば、購入時既にインストールされているものが多いと思います。Office Wordが入っていない場合、あとからがMicrosoft OfficeのWordを購入すると、かなりいい金額がかかっちゃうんですよね。もしWordを持っていない場合は、フリーソフトのOpenOfficeWriterを使ってみることをおススメします。

    フリーソフトのOpenOfficeWriterのダウンロード手順

     OpenOfficeWriterダウンロードはこちら

    r-01

    Windowsを使っている人は「Windows用」をクリックしましょう。Macユーザーは「MacOSX」をクリックしてダウンロードしてください。

    r-02

    「ファイルを保存する」にチェックを入れてファイルを保存をクリックします。

    r-03

    保存したファイルをダブルクリックするとインストール画面が開きます。
    「次へ」をクリックしましょう。

    r-04

    出力先フォルダーを選択できます。通常そのままでOKです。「展開」をクリックします。

    r-05

    インストールウィザード画面が開きます。「次へ」をクリックします。

    r-06

    ユーザー名、所属を記入します。そのままでOKです。「次へ」をクリックします。

    r-07

    セットアップの種類を選択します。通常にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

    r-08

    インストール準備完了画面が開きます。ふたつの項目にチェックを入れて
    「インストール」をクリックします。

    r-09

    インストールが完了しました。「完了」をクリックして終了です。

    r-10

    ディスクトップにOpenOfficeのショートカットアイコンが出来ています。クリックすると
    OpenOfficeへようこその画面が開きます。「次へ」をクリックします。

    r-11

    個人データーの移行画面が開きます。「次へ」をクリックします。

    r-12

    ユーザー名を記入して「完了」をクリックします。

    r-13

    はい。これでOpenOfficeが使えるようになりました。ご苦労様です^^

    r-14

    OpenOffice writerを使ってみよう

    r-15

    Writerには、他の有名なワープロソフトが持っている機能は、ほとんど備わっています。特に日本語版の特徴的機能として、縦書き機能や、ルビを振る機能などがも備わっています。詳しい使い方はこちらのサイトがとても参考になります。

     OpenOffice writer 使い方

    r-16

    OpenOffice writerの文書をPDFファイルにしてみよう

    OpenOffice writerには、標準でPDFファイルにエクスポートできる機能があります。
    まずはPDFにするファイルを開きましょう。

    r-17

    メニューに「PDFとして直接エクスポート」があります。クリックして保存場所、ファイル名を指定すればPDFファイルが完成です。これは使えますね。

    r-18

    PDFファイルに変換できる無料ソフト「Primo PDF」

    r-22

    PrimoPDFは仮想プリンタとしてインストールされます。変換したいファイルを「PrimoPDF」を指定して印刷すればPDFを作成できます。印刷可能なデータであれば、オフィス文書やウェブページなどでも変換することができます。

     「Primo PDF」ダウンロードはこちら

    「Primo PDF」のインストール、詳しい機能説明はこちらのサイトで
    わかりやすく図解入りで解説していますので参考にしてください。

     「Primo PDF」オンラインユーザー マニュアル

    OpenOffice writerの文書を「Primo PDF」でPDFファイルにしてみよう

    メニュー「ファイル」の「印刷」をクリックします。

    r-19

    プリンターで「PrimoPDF」を選択し、「印刷」をクリックします。

    r-20

    ファイルの保存先、ファイル名を指定し、「PDFを作成」をクリックします。

    r-21

    PrimoPDFはExcle、Word、パワーポイント、その他印刷できるファイルはなんでもPDFにできるのでとても重宝しますよ。次回はMicrosoft OfficeWordとOpenOffice writerで使えるレポート用のテンプレートを紹介します。お楽しみに^^

      2 Responses to “これが無料?OpenOffice writerでPDFファイルを作ってみよう!”

        • アリエさん、こんにちは。
          参考になってよかったです^^
          ブログ拝見しました。賢威をシンプルに
          使っていて、アリエさんのセンスがうかがえます。
          今後ともよろしくお願いいたします。

      コメントを残す

      ■アフィリエイトでガッツリ稼ぐためのお役立ち情報まとめ

      Facebook Like Box 「いいね」応援感謝です