SIRIUS 最新バージョンVer1.200が公開されました!

    私の場合50ページ以内のサイトはSIRIUS、
    それ以上ページ数が増えるサイトは
    ワードプレスと決めてサイトを作っています。

    そのSIRIUSが待望のバージョンアップしました!

    SIRIUS 最新バージョン公開がついに!
    まっていたユーザーは多いでしょうね!
    ついに最新バージョンVer1.200が公開されました!
    そのパワーアップした中身とは?!

    ▼サイト生成を大幅に高速化

    Database 3 256今回のバージョンアップにより、
    サイト生成の速度が大幅に高速化されました。
    サイトの設定やPC環境にもよりますが、
    1.5~30倍程度の速度でサイト生成ができるようになっています。

    100ページ以上のサイトでもサクサク生成できますので
    ぜひ一度体感してみてください^^

    ▼アップロード処理を最適化

    Junior Icon 14今回のアップデートでは、アップロードの内部処理も見直し、
    より安定してアップロードが出来るようになりました。

    回線速度やPC環境によってアップロードの速度が最適化され、
    よりスムーズにサイトを更新することができます

    また、「アップ先の自動判別機能」の処理も変更し、
    全てのサーバーで利用できるようになりましたので、
    間違ったフォルダにサイトをアップロードしてしまう事も少なくなっています。

    ▼フッターメニューを追加

    256_compassesサイト下部のフッター部分に、
    任意でメニューを設定できるようになりました。

    アフィリエイトサイトでよく利用する
    「リンク集」や「特商法に関する表記」などのリンクを
    簡単に設定できるようになっています。

    ▼各ページのHEADタグ設定機能を追加

    256_pencil上級者向けの設定となりますが、ページ毎にタグの
    内容を 記述する事ができるようになりました。

    たとえば特定のページでのみ
    javascriptを読み込みたい場合や、
    別のページへ転送させたい場合など、
    様々な用途に利用する事ができます。

    ▼携帯、iPhone(スマートフォン)同時生成機能に「改行の最適化」オプションを追加

    Archive各同時生成機能に「改行の最適化」オプションを
    追加しました。

    これまで、PC向けに句読点で改行を入れていた場合、
    スマートフォンや携帯端末では読みにくい場合がありましたが、
    この問題を本機能で解決しています。

    たとえばPCサイトで、

    サンプルテキストです。
    サンプルテキストです、サンプルテキストです、
    サンプルテキストです。

    という形式で改行を入れている場合、
    改行の最適化をオンにすると、

    サンプルテキストです。サンプルテキストです、サンプルテキストです、サンプルテキストです。

    という形で改行が削除されます。(空白行はそのまま反映されます)

    これにより、意図しない場所で改行される事がなくなり、
    スマートフォンなどのモバイル端末でも記事が読みやすくなっています。

    ▼アクセス解析をHEADタグ内に移動するオプションを追加

    pie-chart_256x256デフォルトでは、タグの近くにアクセス解析タグが設置されるようになっていますが、一括してタグの直前に移動させる事ができるようになりました。

    アクセス解析にGoogleアナリティクスを利用している場合は、
    サイトオプションの「アクセス解析の位置」の項目を変更する事で、
    Googleの推奨する位置にアクセス解析を設定する事が可能です。

    ※Googleアナリティクスを利用していない場合は、
    設定を変更する必要はありません。

    ▼内蔵プレビューをWebkitベースに変更

    GyroscopiciPhoneサイトのプレビューなどで利用している「内蔵プレビュー機能」ですが、内部のブラウザエンジンを変更しました。

    Googleクロムや、iOS、Androidなどのスマートフォン端末などで
    採用されているブラウザエンジンを使っていますので、
    より実機に近い形でプレビューが可能になっています。

    ▼iPhoneサイトの画像表示を、デフォルトで中央揃えに

    secure_search_256これまでのデフォルト設定では、
    画像が縮小されるだけだっため、
    iPhoneサイトの表示が崩れてしまう場合がありました。

    この問題を解決するため、
    画像の表示方法をデフォルトで中央揃えになるように改良し、
    より見やすいサイトが生成できるようになっています。

    なお、既存のサイトには影響しませんので、
    既存サイトの画像を中央揃えにしたい場合は、
    iPhoneサイト設定の「詳細設定」→「記事中の画像」の項目で
    中央揃えにするよう設定し直してください。

    ▼iPhoneサイトにトップメニュー、フッターメニューを追加

    PreviewiPhoneサイト上で、トップメニュー及びフッターメニューを
    表示できるようにしました。

    PCサイトとは異なるメニューにする事も可能ですので、
    サイト内容に応じて設定してみてください。

    ▼サイドメニューに配下のエントリーページ数を表示できるオプションを追加

    puzzle_256サイドメニュー上に表示されるカテゴリーページに、
    配下のエントリーページ数を表示できるようになりました。
    (デフォルトでは非表示になっています)

    この設定をオンにする事で、
    ブログのように記事数を表示できるようになっていますので
    サイト内容に応じて設定を行ってみてください

    ▼独自タグの追加

    usb「次のページ」、「前のページ」へのリンクを
    自動的に表示できる独自タグを追加しました。

    テンプレート内に組み込むことで、
    ブログのような前後のページへ移動できる内部リンクを
    簡単に挿入することが可能です。

    ※デフォルトでは組み込まれていませんので、
    ご自分でお好きな場所に <% relNavigation1 %> という
    独自タグを追加してください。

    ▼テンプレートの微修正

    System Preferences今回の機能追加により、テンプレートの微修正を行いました。
    新機能用の独自タグを追加している他、
    スタイルシートの微修正も行っています。

    注意・警告などのスタイルも修正しており、
    1行でも綺麗に表示する事ができるようになっています。

    ▼その他、細かな修正

    zip_256・自動バージョンアップ機能を改良

    ・トップページだけのサイトの場合、
    サイトマップページを生成しないように修正

    ・文字コードをUTF-8にしている場合、BOMなしにするよう修正

    ・iPhoneサイトの画像縮小処理を改良し、より高画質に生成できるように修正

    ・その他の微修正

     

    私もいくつものシリウスで作ったサイトを運営していますが
    まずは、シリウスをバージョンアップしてから更新作業を
    するようにしましょう。

    まだSIRIUS;シリウスをお持ちでない方、
    あるいは「シリウスってハイブリットの新しい車?」
    なんて思っている方は、まずこの動画をご覧くださいませませ^^

    anigif-02

      コメントを残す

      ■アフィリエイトでガッツリ稼ぐためのお役立ち情報まとめ

      Facebook Like Box 「いいね」応援感謝です