本田圭佑選手の小学校卒業文集で語っている夢が実現した話

    本田圭佑選手のACミラン入団会見を観ましたか?
    記者からの質問を英語で最後まで答えている姿は
    映画スターのようにかっこよかったですよね。

    BddQKFZCEAAWxQ_

    ところで、彼の小学校卒業文集がニュースでも取り上げられ
    話題になったので、読んだ人は多いと思います。

    まだ読んでいない人もいるかと思いますので
    ご紹介しましょう。

    228cd410173ba0e0535c-1024

    「将来の夢」

    ぼくは大人になったら、世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。
    世界一になるには、世界一練習しないとダメだ。
    だから、今、ぼくはガンバッている。
    今はヘタだけれどガンバッて必ず世界一になる。
    そして、世界一になったら、大金持ちになって親孝行する。

    Wカップで有名になって、ぼくは外国から呼ばれて
    ヨーロッパのセリエAに入団します。
    そしてレギュラーになって10番で活躍します。
    一年間の給料は40億円はほしいです。

    プーマとけいやくしてスパイクやジャンバーを作り、世界中の人が、
    このぼくが作ったスパイクやジャンバーを買って行ってくれることを夢みている。

    一方、世界中のみんなが注目し、世界中で
    一番さわぐ4年に一度のWカップに出場します。
    セリエAで活躍しているぼくは、日本に帰りミーティングをし
    10番をもらってチームの看板です。

    ブラジルと決勝戦をし2対1でブラジルを破りたいです。
    この得点も兄と力を合わせ、世界の強ゴウをうまくかわし、
    いいパスをだし合って得点を入れることが、ぼくの夢です。”

    出典本田圭佑の卒業文集すごいと話題に | A!@attrip

    これ書いたのが本田圭佑選手が小学生の時ですからね。
    まだ幼い少年が、しっかりとこの夢の実現を信じていたんです。

    ”セリエAに入団し背番号10番もらう”

    以前にイチロー選手が小学6年生の時に書いた作文について
    記事を書いたことがありますが、本田圭佑選手同様、
    大きな夢をかなえているんですよね。

    参考記事:イチロー小学6年の作文「僕の夢」が教えてくれること

    イチロー選手と本田圭佑選の夢をまとめると

    w-033イチロー選手と本田圭佑選の夢をまとめると

    ●イチロー選手の作文中の夢

    ・高校を卒業してからプロに入団する
    ・契約金は1億円以上が目標
    ・入団する球団は中日ドラゴンズか西武ライオンズ

    ●本田圭佑選手の文集中の夢

    ・ヨーロッパのセリエAに入団
    ・一年間の給料は40億円はほしい
    ・背番号10番をもらう

    さて、本田圭佑選手とイチロー選手の夢にはある共通点があります。

    「夢が具体的である」

    「いつ」「どこで」「何を」「どうする」
    が具体的に書かれていることがわかります。

    イチロー選手はオリックスに入団することになりましたが、
    目標通り契約金1億以上は実現しているんですよね。

    本田圭佑選手はセリエAに入団し背番号10番をGETしました。
    年俸の総額は出来高などのオプション分を除いても
    合計約27億円ですからすごいですよね。

    夢を具体的に表現することの重要性はナポレオン・ヒルの「思考は実現化する」
    という有名な成功哲学の本でも書いています。
    夢(目標)がなければ、それは永久に実現化しません。

    情報商材アフィリエイトのビジネスでも当てはまります

    このことは、情報商材アフィリエイトのビジネスでも当てはまります。

    main-image1

    例えば「情報商材アフィリエイトで大きく稼ぎたい!」
    という抽象的な夢では達成することは難しいでしょう。

    「いつ」「どこで」「何を」「どうする」を夢に
    取り込んでみるとこんな感じになります。

    「半年後に情報商材アフィリエイトで月収50万円稼げるようになって
    家族を連れて、オーストラリアに10日間の旅行に行きたい!」

    かなり夢が具体的になって、頭の中で描けるようになったと思いませんか?
    半年後という期限、情報商材アフィリエイトという手段、月収50万円という
    数値目標、その結果に対する自分へのご褒美がオーストラリア旅行。

    イチロー選手も作文の中で、こう書いています。
    「お世話になった人に招待券を配って、応援してもらうのも夢の一つです。」

    本田選手もこう書いています。
    「世界一になったら、大金持ちになって親孝行する。」

    夢がかなった後の応援してくれている人への感謝の行動も書いておくことで
    自分だけの夢ではなく、みんなの夢でもあるということで、やる気もでます。

    さて、夢が明確になれば、次に半年後に情報商材アフィリエイトで
    月収50万円稼ぐために何をしなければならないかを紙に箇条書きで書き出します。

    ・どの情報商材をそれぞれ何本売ればよいか。
    ・必要な購入者特典は何をそろえるか。
    ・そのためにサイト、記事はどのくらい必要か。
    ・媒体はメルマガ、ブログ、SNS、何を使うか。
    ・etc・・・

    どんなに小さいことでもかまいません。
    頭に浮かんだ必要なことをどんどん箇条書きに
    書き出していきます。

    そして次に、
    それらの項目を実行するための月間目標に落とし込みます。

    例えば、1か月目は

    ・スナイパーサイトを3個作成
    ・購入特典を2個作成
    ・レビュー記事を100個作成
    ・メルマガ読者を100人集める
    ・ツイッターからのブログ誘導段取り
    ・etc・・・

    そして週間、1日の予定表に落とし込んでいきます。
    このひとつひとつが「予定」になるわけです。

    大きな流れは
    「夢」⇒「目標」⇒「予定」

    この作業を小さい夢、大きい夢に対して取り組めば
    実現へ一歩一歩進むことができます。

    特に「夢」から「目標」に落とし込む作業の中で
    いやでも自分の弱点が見えてきます。

    例えば、ライティングに自信がない、デザインセンスがない
    マーケティングのスキルがない・・・・

    自分の弱点だと思った項目も同時に箇条書きで
    まとめておいて、先延ばしにせず月間目標に盛り込みましょう。

    参考記事:「緊急ではないが重要である」作業をピックアップしよう

    そして私が強くおススメるのが
    「自分へのご褒美も夢に組み込むこと。」

    私は自分へのご褒美のことを「自分への人参」と呼んでいますが
    馬と一緒で、目の前に人参がぶら下がっていると、がむしゃらに
    走ることができるんですよね。

    毎月、小さな人参を作業の節目にぶら下げると
    モチベーション維持にもつながりますよ^^

    私の場合、これらの一連の流れを一冊の手帳にまとめています。
    使っている手帳は「ほぼ日手帳」です。

    2014y01m14d_214442309

    年間計画、月間計画、日々の予定が1冊の手帳で管理できます。
    とても使いやすいので、おススメします。
    全国の「LOFT」で売っていますので、欲しい方はお近くのLOFTへGO!

     ほぼ日手帳公式サイトをチェックする

     

    追伸

     

    私の小学6年生の卒業文集を恐る恐る読んでみたら
    将来の夢は・・・

    「安定した公務員になる。」でした。。。滝汗

       

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      最新情報をお届けします

      Twitter で未来派野郎hiroをフォローしよう!

      One Response to “本田圭佑選手の小学校卒業文集で語っている夢が実現した話”

      1. 未来派さん\(^o^)/お世話になります。

        具体的な目標設定の大切さが身にしみました。
        これから具体的な夢を持ち、
        アフィリでもっと稼いで
        親孝行していきたいと思いました(^^)

        ちなみに、僕の幼稚園の卒園文集には、

        「将来の夢」
        北斗の拳になること。

        と書いてありました。^^;

        叶わなくて良かったです(笑)

        応援してます!!

      コメントを残す

      ■アフィリエイトでガッツリ稼ぐためのお役立ち情報まとめ

      Facebook Like Box 「いいね」応援感謝です