WEB開発者用ブラウザBLISKを使ってスマホでの表示を確認しよう

    アクセス解析データーをみてみると、年々スマホユーザーからのアクセスの比率が高まってきています。ですからWEB開発者用ブラウザBLISKを使ってスマホでの表示に不具合がないか、定期的にチェックすることをおすすめします。

    v01

    ブラウザBLISK機能説明動画

    百聞は一見にしまかず、BLISKを使ってサイトを見ている動画をご覧ください。

    動画をご覧になってわかると思いますが、ブラウザBliskは、ChromeやOperaと同じBlinkエンジンを利用しているので、直感的に操作することができます。

    スマホ、PCのどちらかの画面でスクロールすると、同時にスクロールするのでレスポンシブデザインが正しく反映されているか簡単にチェックすることができます。

    BLISKのダウンロード方法

    v02

    BLISKダウンロード

    現在は、WindowsとMacに対応しています。

    v03

    Macユーザーはこちらを選択し「DOWNLOAD BLISK」をクリックします。

    v04

    Windowsユーザーはこちらを選択し「DOWNLOAD BLISK」をクリックします。

    v06

    名前を付けて保存画面が開きます。ダウンロードする場所を指定して「保存」をクリックします。

    BLISKのインストール方法

    v05

    ダウンロードしたファイルをダブルクリックで開きます。

    v07

    ファイルを実行するか確認してきます。「実行」をクリックすします。

    v10

    インストール画面が開きます。BLiskを既定のブラウザにするか確認してきます。「Don’t ask again」をクリックしましょう。

    v09

    下のほうに3つのSTepが表示されます。「NEXT」「NEXT」と最後に「FINISH」をクリックしましょう。

    BLISKの使い方

    v11

    インストールが完了するとディスクトップにBLISKのショートカットアイコンが設置されます。クリックしましょう。

    v12

    URLを記入しましょう。

    v13

    左端に端末機器一覧、となりにスマホ画面、右側にPC画面が表示されます。

    v14

    右上の「回転アイコン」クリックでスマホ画面が横になります。

    定期的にスマホ表示を確認しよう
    高校生のほとんどがスマホを持っている時代です。今後はスマホ経由で物を買うことがさらに違和感なく当然の時代になるでしょう。WEB開発者用ブラウザBLISKを使ってスマホでの表示を定期的に確認し、ユーザー目線に立ったサイトを運営していきましょう。

     この記事はあなたのお役に立てましたでしょうか?

    もしこの記事があなたのお役に立てましたら、応援クリックお願い致します。
    あなたの温かいクリックを、次回記事作成の励みとさせていただきます。
    ご協力誠にありがとうございます。<(_ _)>

      コメントを残す

      ■アフィリエイトでガッツリ稼ぐためのお役立ち情報まとめ

      Facebook Like Box 「いいね」応援感謝です