コモディティ化が進む今、重要なことは「●●」の強化です

    半導体大手、エルピーダメモリは、会社更生法の適用を申請するそうです

    海外勢との競争や商品価格の下落、さらに円高で業績が悪化したことが原因です。

    コモディティ化が進んだ結果ですね

     

     

    コモディティの意味がわからない人のために

    wikiで調べてみました。

     

     

    コモディティ(英:commodity)化は、市場に流通している

    商品がメーカーごとの個性を失い、消費者にとっては何処の

    メーカーの品を購入しても大差ない状態のことである。

     

     

    確かに半導体市場は、台湾、韓国、中国の低価格製品が

    主流になっていますから、日本のIT産業は厳しいですよね。

     

     

    情報教材の世界でもコモディティ化は進んでします。

    有料商材レベルの情報が無料で配布される現象は

    2011年から多く見られるようになっています。

     

     

    あなたはなぜ、有料級の情報を無料で配布しているか

    仕掛け人が、何を目的で無料オファーを企画しているか

    おわかりですか?

     

     

    はい。リストを取得するためですね。

    (※リスト=登録者のメールアドレス)

     

     

    そのリストを取得する為に1件100円から高いオファーでは

    700円の報酬を紹介者に払っているわけです。

     

     

    そのリストに対し、まずはステップメール等で

    教育して、バックエンド教材をクロージングする

    という流れです。

     

    まさしくDRM:ダイレクトレスポンスマーケティング

    と呼ばれる王道的な手法です。

     

     

    ■属性に合ったリストを集め

       ↓  ↓  ↓

    ■そのリストを教育し、

       ↓  ↓  ↓

    ■クロージングをかける

     

     

    この大きな3つの流れの中で、一番手間が

    かかる作業が、「リストの教育」です。

     

     

    その分野に興味がある人にバックエンド教材の

    魅力を理解させるためには、教育という過程は

    外せません。

     

     

    初心者レベルの人にその分野の基本をまずは

    教え込まなければ、バックエンド教材への

    興味は生まれませんからね。

     

     

    ただし、あなたが中級者~上級者であればなお更

    初級クラスの教育資料を作るのはめんどうですよね。

     

     

    そこで、この教育資料が役立つわけです。

    2.000ページ超えのレポート

     

     

    ■属性に合ったリストを集め

       ↓  ↓  ↓

    ■そのリストを教育し、

       ↓  ↓  ↓

    ■クロージングをかける

     

     

    この流れは無料オファーに限ったことではありません。

    アフィリエイトでもまったく同じ流れなのです。

     

     

    ■無料レポート等で属性に合ったリストを集める

       ↓  ↓  ↓

    ■そのリストを教育し、

       ↓  ↓  ↓

    ■アフィリする商材を紹介する。

    (さらに関連レポートを特典にして付加価値をつける)

     

     

    もう一度、基本に立ち返り、DRMの「教育」の部分を

    強化することをおススメします。

     

     

     金運成就Ⅱのレビューと特典紹介

    (※2月27日いっぱいで値上げされます)

     

     

    ●PS

    コモディティ化の先の危険性とイノベーターの重要性は

    この本を読むとサクッと理解できますよ。

    参考記事:僕は君たちに武器を配りたい

     

     

     

      コメントを残す

      ■アフィリエイトでガッツリ稼ぐためのお役立ち情報まとめ

      Facebook Like Box 「いいね」応援感謝です