【Classic Widgets】旧ウィジェット形式変換プラグインの使い方

当ページのリンクには広告が含まれています。

Classic Widgets

WordPress5.8が7月20日にリリースされました。5.8では「WebP対応」「テンプレートエディター」など新機能が追加されましたが、中でも注目は「ブロックウィジェット」です。

「ブロックウィジェット」の採用でウィジェットエリアに任意のブロックを追加できるようになったのですが、今までとまったく違う操作なので戸惑ってしまう方も多いと思います。

この記事では、従来のウィジェット形式のまま使うことができるWordPressプラグイン「Classic Widgets」のインストール方法、使い方について解説しています。

WordPress5.8にバージョンアップした後、驚かないように!

WordPress5.8の新機能「ブロックウィジェット」とは?

ブロックウィジェットとは、ウィジェットエリアをアップグレードして、ウィジェットと一緒にブロックを使用できるようになります。使い慣れた WordPressブロックエディタを使用した、新しいウィジェットスタイルです。

ですがブロックエディタに慣れていない方も多いので、まずは「Classic Widgets」をインストールして旧ウィジェット形式に戻しておくことをおすすめします。

ブロックエディターに慣れるまでは旧形式がおすすめです。

Classic Widgetsのインストール方法

WordPressプラグインClassic Widgetsのインストール手順を説明します。

  1. プラグイン>新規追加をクリックします。
  2. 「Classic Widgets」で検索します。
  3. 「Classic Widgets」が一番上に表示されます。「今すぐインストール」をクリックします。
  4. 「有効化」をクリックします。これでインストールは完了です。
  5. ウィジェット管理画面を確認しましょう。旧形式になっていればOKです。

まとめ

WordPressはものすごい勢いで進化しています。先日古いバージョンで脆弱性が確認されたというニュースがありました。

常に最新バージョンのWordPressにアップデートすることは大事ですが、どんな機能が追加されるのかということを確認しておかないと混乱してしまします。

今回のWordPress5.8では、新機能「ブロックウィジェット」でとまどってしまう方が多いと思います。まずはあせらず「Classic Widgets」を採用し、新機能を勉強してから「ブロックウィジェット」を試してみることをおすすめします

ちなみに「Classic Widgets」のサポートは2022年までです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いた人

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。

お礼として、ツール・イラスト・プラグインを無料でプレゼントしています。お好きなものをダウンロードしてください。(※3つすべてもOK!)

3Dカバーソフト


カッコいい3Dカバーが短時間で簡単に作れます。

illustonⅡ


総数3,003個のスタイリッシュイラストパック。

 YouTube Adds mini


設置したYouTubeの動画上に外部リンクを設置可能!

LP作成ツール WordPressプラグイン「Mikomi」使用

未来派厳選おすすめ教材ランキングBEST3

アメプレスPro
GoogleのSEOのみに依存せずSNS、アメブロを有効に活用したインターネット集客総合No,1ツール!
AItools:エーアイツールズ
SEOに強い記事を短時間でAIが記事生成しWoedPressにUPしてくれる未来派太鼓判の神ツールです。
Danganページビルダー
LP作成機能を追加するWordPressプラグインで、使っているテーマをそのままで利用することができます。

コメントを残す

最新の記事