えっ?知らない!アフィリエイターだったらサイト表示速度を意識すべき!

商品を紹介している通常のサイトで、表示速度が0.1秒遅くなると売り上げが1%減少すると言われています。さらにさらにGoogleのデータによると、ページの読み込みがたったの0.5秒遅くなると、検索数が20%減少すると報告しているんですよね。

あなたのサイトは何秒で表示されますか??

2015y10m27d_004159910

こちらのサイトで調べたいサイトURLを記入し、「分析」をクリックします。

PageSpeed Insights

評価が50点以下であれば
やばいってことになりますね。。。

サイトに一番負荷をかけるのは画像です!

p e r s i s t | lofoten, norway

サイトを開く際に、一番負荷をかけているのは重たい画像です。記事内の臨場感を高めるために、ついつい画質の高い画像をポンポンとアップロードすることがありますが、それってサイトにかなりの負荷をかけています。

ワードプレスユーザーであればこちらのプラグインを導入することをおススメします。

画像を最適圧縮で高速化してくれるプラグイン「EWWW Image Optimizer」

Xサーバーユーザーならmod_pagespeedを導入しよう

もしあなたがXサーバーユーザーなら、是非「mod_pagespeed」を導入しましょう。

拡張モジュール「mod_pagespeed」とは、Google社により開発された、Webサイトの表示速度を向上させる機能です。「mod_pagespeed設定」を有効にすると、ファイルを圧縮してデータ転送量を削減すしたり、同種のファイルを一まとめにして無駄な通信を削減するなどの最適化処理を実施してくれます。

man_server_modpagespeed_img

まずはXサーバーの管理画面を開きましょう。設定対象ドメインでドメインを選択します。

e-001

「mod_pagespeed設定」をクリックします。

e-002

「mod_pagespeed設定」画面が開きます。「onにする」をクリックしましょう。

e-003

PageSpeed Insightsの結果がこう変わった!

「mod_pagespeedを導入して評価はこう変わりました。

2015y10m26d_230048963

 

2015y10m26d_230058900

常に読者目線で全体を確認しましょう
ついついサイトに情報を詰め込むことに集中してしまい、読者目線の読みやすさ、わかりやすさに注意が滞ることがあります。常日頃から読者が欲しい情報をユーザビリティ重視で短時間で届けれるサイト作成を心がけましょう。

この記事はあなたのお役に立てましたでしょうか?

もしこの記事があなたのお役に立てましたら、応援クリックお願い致します。
あなたの温かいクリックを、次回記事作成の励みとさせていただきます。
ご協力誠にありがとうございます。<(_ _)>


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。

お礼として、ツール・イラスト・プラグインを無料でプレゼントしています。お好きなものをダウンロードしてください。(※3つすべてもOK!)

3Dカバーソフト


カッコいい3Dカバーが短時間で簡単に作れます。

illustonⅡ


総数3,003個のスタイリッシュイラストパック。

 YouTube Adds mini


設置したYouTubeの動画上に外部リンクを設置可能!

LP作成ツール WordPressプラグイン「Mikomi」使用

コメントを残す

【OWC】未来派野郎hiro運営コミュニティー

未来派提供WordPressテーマ・プラグイン

ALPHA WordPress Theme
WordPressがはじめてという方でも直感的な操作でプロ顔負けのシックなサイトを作ることができます。
YouTube Adds pro
YouTube動画の表現力を最大限に引き出すWordPressプラグイン。未来派製作販売商品です。