使える小技テク【その2】:当日の日付を表示させる方法

百聞は一見にしかず、といっても既にあなたは

このブログで「当日の日付を表示させる方法」に遭遇してます。^^

 

 

ブログトップページの「お役立ち最新情報」の1段目です。^^

 

 

 

記事を更新しない日がありますが、この方法を導入すると

その日に更新されているような感覚になりますよね

 

 

これはメルマガ読者さん募集ページのプローフィル部分です。

⇒ 未来派野郎メールマガジン『未来派塾』(現在8.700人購読中^^)

 

 

 

 

なんとなくその日にページが作られた新鮮感がありませんか?^^

 

 

SEO的に、最低でも1ヶ月に1度は少し更新をする必要があると

言われています。

 

 

更新を怠けてしまうと、SEO的にマイナスになるという

デメリットもありますが、リピーターの読者さんに

インパクトを与えることができなくなってしまいます。(^_^;)

 

 

 

そこで、この小技の登場。^^

「当日の日付を表示させる方法」です

 

 

 

ちょっとした気遣いみたいな技ですが、少なくとも

読者さんに対して新鮮さを持っていただけます。^^

 

 

この小技は、情報商材のセールスページでよく見かけるのですが

更新頻度の少ないサイトには有効かと思います。

 

 

設置は簡単。「JavaScript"」をコピーペースト

するだけですから。^^

 

 


 


<script language="JavaScript">
<!–
function _HpbDays()
{
  this[0] = "日"; this[1] = "月"; this[2] = "火"; this[3] = "水";
  this[4] = "木"; this[5] = "金"; this[6] = "土";
}

var now = new Date();
var yr  = now.getYear();
var mn  = now.getMonth() + 1;
var dt  = now.getDate();
var dy  = now.getDay();

var fyr = (yr < 1900) ? 1900 + yr : yr;

var dys = new _HpbDays();
var dyj = dys[dy];

document.write(fyr + "年" + mn + "月" + dt + "日");
//–></script>

 

 


 

 

このちょっとした小技にこだわることが、長い

アフィリエイトビジネスの中では大切だと思います。^^

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

当ブログは「ALPHA WordPress Theme」を使っています

当ブログは未来派野郎hiroと吉田デザイン:吉田元一氏との共同販売のワードプレステンプレート「ALPHA WordPress Theme」を使っています。初心者からプロまで、思い通りのサイトを直感的に構築できます。

「ALPHA WordPress Theme」の詳細はこちら

プロが稼ぐサイトを作るサービス:あなたはどっち?

WordPress Auto(ワードプレスオート)
アフィリエイト作成のプロ集団があなたの代わりに稼ぐサイトを作成してくれるサービス。納品はワードプレスで。
SIRIUS AUTO2.0(シリウスオート2.0)
アフィリエイト作成のプロ集団があなたの代わりに稼ぐサイトを作成してくれるサービス。納品はSIRIUSで。

2 Responses to “使える小技テク【その2】:当日の日付を表示させる方法”

  1. 未来派さん、こんばんは!
    TAKです!

    いつも、アドバイスをありがとうございます!!

    Webデザインスペシャリストの未来派さんには、恐れ入ります!
    未来派さんのコンテンツは常に一歩進んでいますので
    追いつけるのが精一杯ですヽ(*゚Д゚*)ノ

    少しずつですが、身につけて
    情報を求めている方への配信が出来たらと思います^^

    いつも応援しています!!

    TAK(タック)

コメントを残す