『Yes/No Chart』のインストール・使い方徹底解説:WordPress診断プラグイン

WordPressプラグイン『Yes/No Chart』

求人サイトや健康系サイトなどで、いくつかの設問に答えていくと「診断の結果あなたは○○です」のように導いてくれるコーナーをよく見かけますよね。

この記事では「○○診断」を簡単に作ることのできるWordPressプラグイン『Yes/No Chart』のインストール方法、使い方、拡張機能について図解入りで解説しています。

あなたのWordPressでぜひお試しください!

『Yes/No Chart』とは?

『Yes/No Chart』「はい・いいえ」で答えられる設問を登録し、分岐先を設定して質問と答えを重ねていくことで、訪問者に適したコンテンツへと導くことができる診断パーツを簡単に設置できるWordPressプラグインです。

設定した設問ごとにショートコードが発行され、設置したい場所にペーストするだけでYes/Noチャートを設置することが出来ます。

『Yes/No Chart』はアフィリエイトで活躍しますね!

『Yes/No Chart』のインストール方法

  1. 「プラグイン」>「新規追加」をクリックします。
  2. キーワード「yesno」で検索します。
  3. 「Yes/No Chart」が表示されます。「今すぐインストール」をクリックします。
  4. 「有効化」をクリックします。これでインストールは完了です。
さぁ、設問設定作業に進みましょう!

『Yes/No Chart』の設定方法

  1. 「Yes/No Chart」がインストールされるとメニューに「Yes/No」が追加されます。「設問セット」をクリックします。
  2. あなたがわかりやすいセット名(設問のタイトル)を記入し「更新」をクリックします。
  3. 「新しい設問セットが追加されました」と表示されます。「設問追加」をクリックします。
  4. 新規追加画面が開きます。
    ・設問セットID:セット名を確認しましょう。
    ・設問番号:チャート上に表示されます。(例:3 Q3)
    ・設問:質問の文章を記入します。
    ・種類:設問(分岐あり)・結果(分岐なし)を選択します。
    ・タイトル:設問番号に変わり表示されます。
    ・転送先:結果(分岐なし)選択で最後に表示させるURLを記載します。
  5. 新規追加で設問を作っていきます。
  6. チャート最後の結果を表示させる場合、種類で結果(分岐なし)にチェックを入れ転送先(結果)に表示させるページのURLを記載します。
  7. 設問一覧をクリックします。設問名をクリックします。
  8. 設問の回答「はい」「いいえ」のクリックの後表示させる設問を選択します。またラベルは10まで設定可能です。
  9. 最後の質問の「次の質問」で❻で作った結果の設問をそれぞれ指定します。
  10. 最後の結果の設問の転送先URLを確認しましょう。結果の設問では「次の質問」は選択無しでOKです。
結果ページは固定ページ1カラムで作るとスッキリしますよ!

『Yes/No Chart』の設置方法

  1. 設問セット一覧の「ショートコード」をコピーして、チャートを設置したい場所にペーストします。
  2. チャートが正常に表示されているか確認しましょう。
  3. 今回のサンプルチャートでは、最後の質問の「はい・いいえ」で2つのページを表示させるように設定しています。
    「いいえ」選択で開くページ
     WordPress診断結果「Webデザインに自信がない」

    「はい」選択で開くページ
     WordPress診断結果「Webデザインに自信がない」
ウィジェットにショートコード設置でも反映されますよ~!

『Yes/No Chart』を使ったサンプル

3つの質問と診断結果があるシンプルなサンプル診断チャートです。次の質問に映るときのおしゃれなアニメーション、結果ページ表示ののエフェクトにも注目してください。

WordPress歴について
WordPress歴は1年以上ですか?
横スライドのアニメーションもおしゃれです!

『Yes/No Chart』の拡張機能

『Yes/No Chart』を使っているサイトは増えてきてますが、デフォルトの設問番号部分のカラーが青(0073AA)なので、どうしても一緒のチャートに見えてしまいます。

他の『Yes/No Chart』と差別化したいと思っている方には、拡張機能「Yes/No Chart ALL カラーバリエーション14種類」をおすすめします。

他にも「設問セット複製機能」「ランダム分岐機能」「まるいボタンスタイル」「アンケート回答送信機能」「最初に戻る機能」「スコア別分岐機能」など『Yes/No Chart』をグレードアップさせる拡張機能が揃ってます。

興味のある方はチェックしてみてください。

『Yes/No Chart』提供の株式会社コーセイ様のサイトに飛びます!

『Yes/No Chart』まとめ・考察

今回ご紹介したYes/Noサンプルチャートでは設問(分岐あり)を3つ、結果(分岐なし)を2つ、合計5つの設問を設定しました。

設問が少ない設問チャートであれば簡単にできますが、設問数が増えると分岐もわかりずらくなってしまうので、設定前にYes/Noチャートの設計図を作っておくことをおすすめします。

アフィリエイトサイトでいろんな商品を紹介している場合、閲覧者に質問していく中でターゲット属性を振り分け、おすすめの商品(サービス)を紹介できます。

またYes/Noサンプルチャートで回答するのにある程度の時間がかかるので、滞在時間を長くするという意味ではSEO的にも効果があります。

サイドバーのウィジェットにも設置できるので、WordPressプラグイン『Yes/No Chart』は、いろんな場面で使えると思います。

ぜひあなたのWordPresssでも使ってみてください!
■よく読まれている関連記事
Mikomiレビュー
【Mikomi】スクイーズページ作成用WordPressプラグインの使い方徹底レビューと特典のご紹介
メルマガや見込み客のリスト取りをしているけど、なかなか集めることができないと悩んでいる方は多いと思います。 そんな悩みを抱えている方に朗報です。 メールアドレスを登録し
2019-07-13 20:35
All-in-One WP Migrationの裏技活用術
【All-in-One WP Migration】新規ワードプレス初期設定が超簡単になる活用術
新規でワードプレスを立ち上げるとき、やらなければならない初期設定の作業があります。 デザインテンプレートのインストールをする。 プラグインをインストール+設定す
2019-06-13 00:13
「Shortcodes Ultimate」の5種類のボックスデザインと設置方法を徹底解説
WordPressプラグイン「Shortcodes Ultimate」を使えば、5種類のデザインで色を自由に設定できるボックスを設置することが出来ます。 この記事ではどんなボ
2021-07-12 12:30

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

未来派野郎hiro提供サービス一覧

未来派運営コミュニティー

未来派提供サービス
MEA
未来派提供コンテンツ