東北地方太平洋沖地震後、仙台市にいて思うこと

    3月19日から仙台市で生活をしていますが、政令指定都市仙台市も

    ライフラインが止まってしまえば、こんなパニック現象が起こって

    しまうのかと驚きと痛恨の思いです。

     

     

    ガソリンと灯油不足の状況は今なお続いており、ガソリンスタンドは

    夕方になっても長蛇の列です。

     

     

    ガス、水道がまだ来ていない住宅もあり、自転車通勤をする

    サラリーマンが多く見受けられます。

     

     

    100年に一度の世界大不況。

    そして1000年に一度の大震災。

     

     

    三陸地方の海は、津波の影響と、油流失もあり

    漁業を営む方は大打撃を受けています。

     

     

    松島のカキ、昆布などの養殖棚は壊滅的と

    言われています。養殖産業だけで10数億の

    損害だそうです。

     

     

    福島、茨城の農家の方も放射性物質の問題で

    大きな損害を受けています。

     

     

    津波の被害にあった方々のこれからの最大の課題は、

    「どうやって生きるか」ということになります。

     

     

    今は、全国からあたたかい支援物資が送られてきて

    なんとか生活できるところまで回復してきています。

     

     

    しかし・・・

    いつまでも、避難所での生活を続けるわけにもいきません。

    かといって、沿岸部では会社ごと流されたという例も多く

    簡単に仕事を見つけることはできません。

     

     

    三陸沿岸部は観光産業で成り立っていたのですが、おそらく

    ホテル、旅館はお客様が泊まりに来ることは残念ながら

    年内ないでしょう。

     

     

    東北人は生まれ育った地から離れたがらないと言われています。

    未来派も東北人なので、東北の地から離れることは考えたことも

    ありません。

     

     

    しかし、今の現状では、故郷を捨てる勇気が

    必要なのかもしれません。つらいことですが・。

     

     

    新潟県でも多くの市営住宅を被災者に提供しています。

    関西方面も受け入れてくれる施設が多くあると聞きます。

     

     

    生まれた町を離れ、生活環境を整え、安定してから

    故郷に帰ることを考える必要があるのかもしれません。

     

     

    そんな状況下の中・・

    未来派の使命として考えているのが、今現在は避難所にいる方の

    生活を自分のできる範囲で援助することですが、

     

     

    その次にしなければならないことは

    仕事を見つけることができない方にネットビジネスで稼ぐことを

    伝えることです。

     

     

    「仕事=雇われて給料をいただく」という既成概念

    取り払っていただき、ひとりの事業主としてネットビジネスに

    取り組み、稼げることを伝えていこうと考えています。

     

     

    少ない経費で取り組むことができて、きちんとした

    スキルを身につければ、それはビジネスとして

    成り立ちます。

     

     

    ということで、今後はネットビジネスを全く知らない

    方が、稼げるようになるための情報を発信していこう

    と思います。

     

     

    未来派が4年間ネットビジネスをやってきて、多くの

    つまずきを経験してきました。その失敗した道を通る

    ことなく最短で稼げる情報を提供していきたいと思います。

     

     

    そのためには、まず「ネットビジネスの基礎」を身につける

    必要があります。

     

     

    ネットビジネス、アフィリエイトの基礎を身につけるには

    このマニュアルが役に立ちます。

     

     

    無料でダウンロードできます

    アフィリエイト基礎講座「アフィリエイト初心者入門パッケージ」

     

     

    パソコンのスキルをもっと高めたいという方はこちらの

    パソコン教室であれば家にいてもマスターできます。

    397時間動画パソコン教室DVD4枚組

     

     

    ご協力お願いいたします

     

    沿岸地方の津波被害に合った地域は、仮設住宅の

    建設が着々と進んでいます。

     

     

    まずは、避難所の方々が人間らしい生活を取り戻して

    もらうことが最優先になります。

     

     

    今、自分にできること。

    それを多くの方が行動に移せば大きな力に

    なります。ご協力お願いいたします。

     

     
     

    みのごりさんと桜子さんが、アフィリエイターを

    代表して募金活動を立ち上げてくれました。

    【東北地方太平洋沖地震】インターネットを使って今、私たちが出来る事

      2 Responses to “東北地方太平洋沖地震後、仙台市にいて思うこと”

      1. 未来派さん、こんばんは!

        TAKです!!

        TAKは千葉ですが今日も計画停電で
        18:20~22:00まで停電でした。

        被災地にパワーを送り込む、今が一番慎重な時期でもあります!

        東北地方の再生にTAKも参加させてください!

        それと、収入を得る仕組み
        ネットビジネスの存在と未来への大きな可能性は
        物凄く共感と感動の渦に巻き込まれました!

        他人からコントロールされる人生から
        自分自身でコントロールする人生!

        今この境界線に立たされているのが
        私達だと痛感させられました!!

        被災者の方たちへ
        より多くの方々へ生きるアイテムを差し伸べて
        育てて、一人歩きしてもらうこと。

        共に生きる武器を生かし家族のために!

        幸福を得る仕組みづくり!

        それが私達の使命だと思います!!

        今日も応援です!!

        では、未来派さんまたです!!

         

      2. TAKさん。こんにちは。

         

        いろいろな支援をしていくことも

        重要ですが、僕たちアフィリエイター

        がもうひとつできることはネットビジネスの

        可能性を伝えることです。

         

        応援感謝いたします。

      コメントを残す

      ■アフィリエイトでガッツリ稼ぐためのお役立ち情報まとめ

      Facebook Like Box 「いいね」応援感謝です