不正ログイン対策の第一歩はWordPressのバージョンアップ

以前としてWordPress,Movable Type,XOOPS 等の
CMS ツールでブルートフォースアタックによりパスワードを
解析されることで管理画面へ不正にログインされる
ケースが増えているそうです。

ブルートフォースアタックとは、あらゆる文字列を組み合わせて
パスワード解読を試みる攻撃です。

 

q100不正ログインをされないようにする対策として、パスワードを変更することが有効であることは前回の記事でお話しました。

 

参考記事
あなたのWPブログはブルートフォースアタックされていませんか?

 

そして、もうひとつ重要な対策があります。
WordPress を最新版へバージョンアップすることです。

 

CMS ツールやテーマ、プラグインの脆弱性をついた改ざんが確認されていて
古いバージョンの WordPress に対する事例が特に多く発生しているのです。

 

改ざんされてしまうと、サーバー領域でフィッシングサイトの設置だったり
迷惑メールの大量配信や情報漏洩などが発生する可能性があります。

 

せっかくコツコツとコンテンツを積み上げてきたワードプレスブログが
不正に改ざんされてしまったら、泣いても泣ききれませんよね。

 

まずはワードプレスのバージョンアップを行い、パスワードを変更しましょう。
ロリポップでサイト改ざん対策について詳しく説明しています。
詳しく知りたい方は参考にしてください。

 

ロリポップ!レンタルサーバー:セキュリティに関する重要なお知らせ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


未来派野郎hiro公式メルマガ「プロパガンダ」
メールマガジン『PROPAGANDA:プロパガンダ』は完全無料で登録できます。

もしあなたが、ネットビジネスで「経済的自由」「時間的自由」「場所的自由」を手に入れたいのであれば、このメルマガに登録してください。ネットビジネスに関する最新情報をタイムリーに発信しています。

今なら登録者の方に豪華特典を差し上げています。また、メール内でも随時特典を配布させていただきますので、楽しみにしていただければと思います。

おすすめノウハウ+ツール

FAAP
FAAP(フルオートメーションアドセンス)は、これからアドセンスに取り組みたい、アドセンスでなかなか収益が伸びないという方におススメです。
Danganページビルダー
「Danganページビルダー」はLP(ランディングページ)作成機能を追加するWordPressプラグインで、インストールするだけで使うことができます。
バカ売れランディングページの奥義
「バカ売れランディングページの奥義」は、ランディングページに必要なものは何か、LP鉄板の構成などをわかりやすく解説しています。

One Response to “不正ログイン対策の第一歩はWordPressのバージョンアップ”

  1. hiroさん、こんばんわ
    いつもお世話になっています。

    たかまさと言います。

    個人情報や作ったサイトの
    セキュリティ向上のためにも

    こまめなパスの変更と
    ワードプレスのバージョンアップは
    きちんとしないと非常に危険ですね。

    リアルでの自宅への不法侵入を許すのと変わらない
    リスクということを意識しておきます。

    応援です!

コメントを残す