借りぐらしのアリエッティから学びました

    「借りぐらしのアリエッティ」が今日テレビで見れるということで

    しっかりスタンバイして拝見しました。

     

     

     

    そうそう、

    「借りぐらし」って、人間の家に隠れ住んでいる

    小人種族のことなんですよね。あくまで架空です

     

    彼らは人間たちの食料や雑貨、電気や水道などを

    ちょっとずつ「借りて」生活をつないでいました。

     

     

    人間たちに存在を知られたら、生活はおろか種族の

    存続さえも危なくなってしまう。ばれたら引っ越。

     

    だから人間に姿を見られないことを絶対の掟として

    彼らは暮していたのです。

     

     

    舞台となるのは東京郊外のある古い屋敷。

    そこに1週間だけ滞在するため、心臓に病を抱えた

    翔という少年がやってきます。

     

    ちょうどそのとき、屋敷に住む「借りぐらし」の一家の

    少女アリエッティは、14歳の誕生日を前に、初めての

    「借り」に胸を膨らませていたんですよね。

     

     

    この映画で言う「借り」って「狩り」でもあるんですよね。

    お母さんの頼みは格砂糖とテッシュペーパー。

     

     

    その2つのものを「借り」に行って・・・・

    そこからドラマが急展開していきます。

     

     

    さて、未来派がこの映画を見て何を思ったか?

    そして何を学んだか、わかりますか?

     

     

    未来派はこんな角度からアリエッティを

    見ていたんですよ。

     

     


    「普通に暮らしている人間=サラリーマン」

     

     

    そして

    「アリエッティ達=起業家(事業主)」

     

     

    映画見た人はわかると思うんだけど

    あの家政婦のハル、むかつきましたよ。

     

     

    まるでサラリーマン世界で出世のために

    ライバルをちくる(売る)チンケな男みたい。

     

     

    アリエッティが翔に言われた言葉がズキッときました。

    「アリエッティ達はもう後がない人種なんだ。」

    「人間は全世界で67億人もいるんだよ。」

     

     

    これって、まさにサラリーマン世界じゃないっすかね。

    「俺(上司)の言うことが聞けないんだったらクビだ!」

    「おまえの変わりなんていくらでもいるんだからな!」

     

     

    そう、サラリーマンと考えが違う起業家(事業主)は

    そんな目で見られています。

     

     

    だって・・・

    日本の構造って雇われサラリーマンが80%。

    事業主は10%と言われてますから。

     

     

    確かに、数はサラリーマンが大半を占めていますが

    そのサラリーマンって生きていますかね?

     

     

    白木屋レベルの安い酒飲んで会社と上司の悪口を

    つまみにしている人間が大半じゃないですかね?

     

     

    この記事を読んでいただいてるあなたは、そこから

    抜けていないにしても、その生き方に違和感を感じ

    別な生き方を模索しているひとりだと思いますが。

     

     

    未来派は思います。

    「今の日本全体が沈んでいるタイタニック状態だと。」

     

     

    あなたも薄々わかっているがはずです。

    「やばいことを。」

     

     

    けど、日本国民は

    「みんな一緒だから大丈夫!」という

    なーなーの考えを持っているからやばいのです。

     

     


    あのJALが経営困難に陥る時代。

    オリンパスがコンプライアンスをブチ破り

    落ちていく時代。。。。

     

     

    大学を卒業しても就職率70%を切る時代。

    そして年金がもらえないことがわかっている時代。

     

     

    今、求められていることって

    我で稼ぐ力なんです。

     

     

    今すぐ会社をやめて、うんぬんと言う

    お話ではありません。

     

     


    スライド。

     

     

     

    移していく。

     

     

    ある期間は並行して走り、副業が本業を超えたら

    スライドして人生を組み立てる。

     

     

    今の愚痴だらけのサラリーマンに嫌気が刺してる

    人はそれが自分を通せる唯一の生き方だと思います。

     

     

    そうそう、生き方って未来派こう考えてます。

     

    生存する・・・・呼吸して餌を食らう


    生活する・・・・風呂も入り食事もする。


    生きる・・・・・夢を追いかける生き方

     

     

     

    あなたは生存している?それとも生活?

    未来派と一緒に生きるを選択しませんか?

     

     

    ここにあなたの「生きる」を選択する為のヒントがあるはずです。

     弱いところを補強すればいいんですよ

     

     

     

    追伸:1

    ここ最近「俯瞰:ふかん」を大事にしています。

     

    俯瞰(ふかん、)>高い所から見下ろすこと。全体を上から見ること。

    (提供::Wikipedia)

     

     

    追伸:2

    アリエッティの赤いドレス。。好きです。^^;

      One Response to “借りぐらしのアリエッティから学びました”

      1. 未来派さん、こんにちは。
        ウメコです。
         
        アリエッティ、金曜ロード―ショーで初めてみました。
        未来派さんも見ていたと思うと、不思議な気持ちです 爆
        あの未来派さんがアリエッティ!?
        私と同じアリエッティを見てたなんて・・・。
         
        でも見る視点が全然違いますね。
        ストーリーを思い返していくと、確かに
        アフィリエイトの世界とかぶるところがありますね。
         
         
        応援です。

      コメントを残す

      ■アフィリエイトでガッツリ稼ぐためのお役立ち情報まとめ

      Facebook Like Box 「いいね」応援感謝です